本来は珍しい女性の薄毛

Permalink

女性は本来、毛髪の成長を促す女性ホルモンの一つエストロゲンの影響で、薄毛になることは珍しいと言われていました。ところが最近は女性でも薄毛でお悩みの方が増え、女性向け育毛剤の売り上げも年々上昇しているそうです。年齢と共に「髪にボリュームがなくなった」「分け目が透けて見える」と感じて、ヘアピースを利用している方もいらっしゃいます。女性の場合、薄毛のお悩みと同時に「髪のボリュームがないと老けて見られやすい」という事情もあり、男性以上に悩んでいらっしゃるかもしれません。

原因女性の薄毛の原因は加齢から来ることが多く、他にもストレスや過度のダイエット、栄養不足、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、間違ったヘアケアと言われています。中には円形脱毛症やアトピー性皮膚炎による症状としての薄毛、出産後や更年期でホルモンバランスが不安定になることによって発生する脱毛から来る薄毛のような、明らかに病気の症状としての薄毛もあります。

薄毛の治療ということなら基本的には皮膚科を受診することになりますが、ストレスやホルモンバランスから来るものであれば皮膚科ではなく、心療内科や産婦人科での治療が主になります。但し、皮膚科や心療内科、産婦人科に受診しても原因がわからず、しっかり栄養と睡眠を摂り、出来るだけヘアケアに気を使っても改善が見られない場合もあります。そのような場合はどうしたら良いのでしょうか。

このサイトでは、女性の薄毛の治療に関する情報をまとめています。髪の毛のことでお悩みの方はぜひ参考になさって下さい。