女性の方の薄毛を治療という形で解決する選択

薄毛専門クリニックの存在

Permalink

中には病院では中々原因が掴めない薄毛もありますし、対処療法や現状維持ではなくてきちんと治したい、と考える方もいらっしゃるでしょう。そのような方が利用されているのが、薄毛治療専門のクリニックです。薄毛治療専門のクリニックでは健康保険の対象外になる治療が多いのですが、薄毛に関連するものであれば皮膚科・産婦人科・心療内科全てで行われる治療が可能になるため、別々の科で行われていた治療を1度に済ますことが出来ます。

カウンセリング最初はカウンセリングと全体の健康診断を行い、その上でお客様に合った治療を進めていきます。薄毛を引き起こす病気の治療は勿論ですが、日本では認可されていないため病院では利用でないものの外国で認可されている内服薬を使った治療、発毛を促す外用薬の利用、専用のレーザーで毛根を刺激して発毛を促す治療、サプリメントも活用して発毛を促していきます。個人差もありますが、クリニックで治療を始めて2ヶ月〜半年で効果が感じられる方が多いです。気になる費用ですが、健康保険の適用外となるので高額になり、効果を感じられる半年の間に7〜8万円程と見ておけばよいでしょう。

女性の薄毛は治らない時代ではなくなりました。適切な治療で豊かな髪を取り戻し、女性としてのお洒落を楽しんで下さい。

▼関連情報▼
名古屋中央クリニック
薄毛治療を行っているクリニックのサイトです。

保険が適用になる治療もあります

Permalink

「薄毛の治療は健康保険の適用外」というイメージがありますが、病気によっては健康保険を利用した治療が可能なこともあります。円形脱毛症やアトピー性皮膚炎のような、病気から来る薄毛は病気が完治したら治ることも多いため、健康保険の対象になります。男女問わず薄毛の原因となる病気として脂漏性皮膚炎・脂漏性脱毛症がありますが、こちらも病気を改善すると治るものであるため健康保険が適用になります。これらの病気が出てきたら、早めに皮膚科に受診しましょう。

更年期保険の切り分けが難しいのが女性ホルモンの乱れから来る薄毛の場合です。更年期障害と呼ばれる症状を改善する治療としてホルモンを補充した結果、薄毛が治った場合は健康保険の対象になりますが、薄毛の治療を目的としたホルモン補充となると健康保険の対象外になります。逆に、更年期症状による薄毛の場合は健康保険で安く治療が可能ですので、薄毛を気にして毎日を送るより、早めに産婦人科に相談した方が精神衛生上楽になるのではないでしょうか。

なお、皮膚炎から来る場合もホルモンの乱れからくる場合も、治療から改善までは少し時間がかかることもあります。焦ることがストレスになり、それが症状を悪化させることもありますので、気長に治療していきましょう。

本来は珍しい女性の薄毛

Permalink

女性は本来、毛髪の成長を促す女性ホルモンの一つエストロゲンの影響で、薄毛になることは珍しいと言われていました。ところが最近は女性でも薄毛でお悩みの方が増え、女性向け育毛剤の売り上げも年々上昇しているそうです。年齢と共に「髪にボリュームがなくなった」「分け目が透けて見える」と感じて、ヘアピースを利用している方もいらっしゃいます。女性の場合、薄毛のお悩みと同時に「髪のボリュームがないと老けて見られやすい」という事情もあり、男性以上に悩んでいらっしゃるかもしれません。

原因女性の薄毛の原因は加齢から来ることが多く、他にもストレスや過度のダイエット、栄養不足、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、間違ったヘアケアと言われています。中には円形脱毛症やアトピー性皮膚炎による症状としての薄毛、出産後や更年期でホルモンバランスが不安定になることによって発生する脱毛から来る薄毛のような、明らかに病気の症状としての薄毛もあります。

薄毛の治療ということなら基本的には皮膚科を受診することになりますが、ストレスやホルモンバランスから来るものであれば皮膚科ではなく、心療内科や産婦人科での治療が主になります。但し、皮膚科や心療内科、産婦人科に受診しても原因がわからず、しっかり栄養と睡眠を摂り、出来るだけヘアケアに気を使っても改善が見られない場合もあります。そのような場合はどうしたら良いのでしょうか。

このサイトでは、女性の薄毛の治療に関する情報をまとめています。髪の毛のことでお悩みの方はぜひ参考になさって下さい。